BLOG

正直であること

3軒の宿が3つの湯場を共同利用する、栃尾又温泉。

夜、源泉に1番近い薄暗い浴場に入りに行くと、先客のマダムがおひとり。千葉からひとり来られて、湯治のため1週間滞在されるとのこと。

マダム曰く「私、温泉は苦手だったんです。熱いお湯に浸かるのは疲れちゃうから。でもここのお湯はぬるくていくらでも浸かってられる。あぁ私こういう温泉がいいんだわぁ〜って気付いたの。日本各地、たぶん他にもぬるい温泉は湧いてるんでしょうけど、こうやってぬるいまま提供してくださるところは貴重なのよね」と。

この話を翌朝、宿の女将さんとご主人にしたら「回転率が、悪くなるからね。みんな加熱しちゃうんだよ」と。

なんと…
このぬるま湯は営利を度外視したもの。
3軒宿の正直さゆえだった。

♨️

普段長湯もせず、お風呂も温泉も言うほど好きではない私は、正直36度のぬるま湯の温泉なんて絶対に浸かってられないし、加熱した方の湯船(体を瞬時に温める「上がり湯」として設置されてます)にサッと入って、ササッと上がってしまうに違いない。どうしよう…好きになれなかったら…お仕事なのに…!

…という心配が、この36度のぬる湯に入った瞬間、嘘のように消えたのも驚きでした。

最初から30分余裕で入り、人生初、寝湯で熟睡。ご主人曰く、昔は湯治として一晩中寝ながら入っていた人もいたそうなので、寝るのもありとのこと。

いや、寝るわ、これ。もう絶妙。体がふわりと浮く感覚があるので、それに身を任せると疲れが全部染み出していく感じ。本当に気持ち良かった。

ちなみに加熱した方のお湯の方は、トロリとしたお湯の感触も、体が浮く感じも無くなっていました。…意味があるんだわ、この36度のぬる湯に。

🧖‍♀️✨

摩訶不思議な体験をさせてもらい、私はすっかり栃尾又の湯の虜に。新しいお客様をたくさん呼ぶためのお手伝いとしてお仕事をさせていただいているのに、「あんまり来て欲しくない。私だけのものにしたい…」との想いまで生まれてしまいました。女将さん、ご主人、ごめんなさい。また行きます。笑

こちら宝巌堂さんの館内。床には桐材が使われていて裸足でも冷たくなかったです。女将さんとご主人のセンスの良さが光る素敵な宿。

この写真は私が1番好きなところ。下駄を履いて宿を出て、共同浴場に向かう回廊です。

宝巌堂さんはお食事も、正直で丁寧で美味しい。地元魚沼の直売所に毎日ご主人が買い出しに行かれ、その時期の美味しいお野菜をふんだんに使って出してくださいます。これはそんな魚沼のお野菜づくしの前菜。

心洗われた✨

正直であることが、貴重になり、価値になる世の中。


ちょっと悲しい気もするけれど、私も正直な商売をしたいし、正直な商売をする方々のお手伝いをしたい。振り返るとそういうお客様に恵まれているのも、本当に幸せ。たぶん引き寄せ合っている。この大きな流れへの感謝と、その源である正直さ・誠実さを忘れずに、今年度も頑張ります!

💪✨

2022.4.1 ソミヤミホ

このブログはFacebookで投稿したものの流用です。おバカな話から、お仕事の話、お役立ち情報など、FacebookやTwitterではリアルタイムで発信していますので、ぜひフォローしてください( ´ ▽ ` ) 「クスッと笑えて元気になる投稿」を趣味で、約7年間続けております。Instagramは更新滞ってます。ごめんなさい。苦笑

Written by ソミヤミホ

新潟市を中心に全国の方と繋がり、印刷物やWEBサイトなど販促物の企画編集・ライターの仕事をやっています。東京での広告会社勤務→結婚を機に新潟移住→デザイン事務所勤務→印刷会社勤務→2020年3月独立。新潟初、一般社団法人コトマーケティング協会認定アドバイザー。コト売り視点で隠れた価値をカタチにします!小6長女・小4長男の2児の母。猫もいますฅ/ᐠ。ᆽ。ᐟ \