◆印刷・デザイン会社の方へ

広告会社・デザイン会社・印刷会社にて、企画営業職・企画編集職として勤務してきた経験を活かし、パンフレット等の印刷物やホームページの企画編集に関する下記6点の業務をお受けしています。クライアントの前には出ず100%黒子としてお手伝いすることもできますし、ヒアリングやお打合せに同行することも可能です。また「ディレクション業務」として納品までクライアントとのやりとりや、デザイナーやカメラマン・WEB制作者などへの指示など、貴社に代わって行うことも可能です。もちろん下記6点の業務を組み合わせて、制作物の完成まで全てご依頼いただくことも可能です。

1. 企画

名刺・ポスター・チラシから100ページの冊子まで、印刷物やホームページなと販促物に関する企画業務を承ります。ゼロの状態からご希望に応じた内容を考案します。企画書とラフを作成してお渡しします。

費用

  • 企画費:1案件につき税込33,000円~(名刺のような小さなものでも、税込33,000円はご請求いたします。その他、制作物の内容に応じて金額が上がります。目安として、A4・6ページ未満のパンフレット・チラシは税込55,000円、A4・6ページ以上のパンフレット及びWEBサイトは税込110,000円〜です。)

企画書作成については貴社用にお渡しするレベルのもの(手書きのもの・実制作者に指示が出せる状態のもの)については、上記費用内としますが、クライアントに提示できるレベルのもの(パワーポイント等で作ったもの)は、別途1ページ税込1,650円で承ります。

ご提案後、2ヶ月以内に2回までのやりとりで推敲を行います。ご提案した内容に対するご要望や変更は、この2回にまとめてお願いいたします。ご請求もこの2か月の間に、企画が完成した時点で行います。


2. 編集

パンフレットや冊子、ホームページの制作時、クライアントから支給された原稿のままでは使いにくい場合(果たしたい目的が達成できない・効果が出ないと思われる場合)、目的・用途に合わせて、原稿の編集を行います。元原稿はテキスト編集が可能なデータ(Word・Excel・PowerPoint)でご支給いただき、編集後の原稿はPowerPointでお納めします。この編集後のPowerPointは「このページで何をどの順でどう伝えたいのか?」が分かるものになっていますので、それをそのままクライアントにご提示され内容精査を進めていただいても結構ですし、デザイン担当の方にお渡しいただき、デザインを進めていただいても結構です(アートディレクションは別途「4.ディレクション業務」をご参照ください)。

費用

  • 編集費:A4・1P税込8,800円 (1.企画費と同時にご依頼いただく場合、A4・1P税込5,500円) ※原稿編集後に元原稿が総入れ替えになった場合は、再度同費用をご請求いたしますので、ご了承ください。

表記統一・文章整え・タイトル考案・ダミー文提案を含みます。リライト業務のように、最後まで文章の内容に責任を持って仕上げることはしませんので、ご提案後の校正・推敲は貴社とクライアントの間で進めてください。ホームページの場合はA4に換算して算出します。ご支給いただく元原稿が紙原稿の場合、別途「入力費」をご請求します(内容に応じてお見積りいたします)。

ご提案後、2ヶ月以内に2回までのやりとりで推敲を行います。ご提案した内容に対するご要望や変更は、この2回にまとめてお願いいたします。ご請求もこの2か月の間に、編集が完成した時点で行います。


3. 執筆

取材してその内容について執筆する「取材執筆」、頂いた資料を基に目的に合わせた内容を執筆する「取材なし執筆」、頂いた原稿を書き直す「リライト」があります。キャッチコピーなど、コピーライティングも同金額で承りますが、コピーライターさんのお仕事のように複数案はご提案いたしませんのでご了承ください。

費用

  • 執筆費:税込11円/1字 (最少200字※)
  • リライト費:税込10円/1字 (最少200字※)
  • 取材費:税込6,600円/1時間
  • 資料編集費:税込11,000円/1か所

※200字に満たない場合も、200字分の費用はいただきます。


そのほか詳しくはこちらの「料金表」をご参照ください。「取材内容・取材人数・取材場所・取材時間・トータルの拘束時間・必要文字数」をお教えいただければ、お見積いたします。

執筆後の原稿をお渡しした後、2ヶ月以内に2回までのやりとりで推敲を行います。執筆内容に対するご要望や変更は、この2回にまとめてお願いいたします。 ご請求もこの2か月の間に、原稿が完成した時点で行います。


4. ディレクション

制作物の企画から納品まで、貴社に代わって(貴社を名乗って)制作ディレクションを行います。 具体的には「制作に関するクライアントとのディレクション(打合せ・校正やりとりなど)」と「デザイナーなど実制作者へのディレクション(打合せ・校正やりとりなど)」です。

【ご注意】企画編集業務の付帯業務としての価格です。ディレクションのみは、基本的にはお受けできません。

費用

  • 制作に関するクライアントとのやりとり【全体ディレクション費】:貴社が受注される案件全体金額の10〜20%を目安に、協議の上で決定します。(難しい場合はディレクションにかかった時間を記録し、時給税込1,650円でも結構です。)
  • デザイナーなどの実制作者とのやりとり【制作ディレクション費(アートディレクション費※)】:基本料金の税込33,000円と貴社発注額の20%で承ります。(私が制作を全て請け負い、外注費に33,000円+20%を乗せて貴社に請求、私が外注先に制作費を支払う…という形も可能です。) ※私が写真選定を行ったり、具体的なデザインを考案したり、具体的な指示がないとデザイナーが動けない場合やデザイナーからの提案が難しい場合など、アートディレクションの要素が大きいものは基本料金を税込55,000円〜とさせていただきます。

打合せ等で遠方への移動が必要な場合は、別途「出張費」を頂きます。


ご請求は案件納品時に行います。ただし、制作期間が半年を超えるものは、半年に一度精算・ご請求いたします。


5. 打合せ同行

貴社社員さまと一緒にクライアントやデザイナー等の実制作者のもとに出向き、打合せ等に参加し、企画のご説明やヒアリング・企画編集に関するアドバイス・デザイン指示などを行います。※上記のディレクション業務には、この同行業務が含まれています。

費用

  • 同行費:税込5,500円/1回  

遠方への移動が必要な場合や同行時間(打合せ時間)が数時間に渡るものなどは、別途「出張費」を頂きます。


ご請求は同行後すぐにいたします。


6. コンペ対応

貴社がコンペ案件(プロポーザル案件)に参加される際、その企画を承ります。また企画提案に必要なデザインディレクションなど、貴社内外の関係者と連携をとって進めます。

費用

  • コンペ対応費:税込33,000円/1案件
  • コンペ企画書作成費:税込1,650円/1P
  • コンペ成果報酬:貴社受注金額の10%

参加にかかる費用は参加者もちであることが多いコンペの特性を理解し、どのようなボリューム案件であっても、基本的には税込33,000円でお受けします。その代わりコンペに勝った場合には「コンペ成果報酬」をご請求すること、ご理解ください。

企画書作成については貴社用にお渡しするレベルのもの(手書きのもの・実制作者に指示が出せる状態のもの)については「コンペ対応費税込33,000円内」としますが、クライアントに提示できるレベルのもの(パワーポイント等で作ったもの)は、別途1ページ税込1,650円で承ります。 データでお納めしますので、出力・製本は貴社でお願いします。

  • プレゼン代行費:税込11,000円/1案件
  • プレゼン用スライド作成費:税込 1,650円/1P
  • プレゼン指導費:税込5,500円/1案件・1時間 (プレゼン担当者に向けて、効果的なプレゼン指導を行います。)

プレゼン場所・プレゼン指導場所が遠方の場合は、出張費・交通費を別途ご請求します。


「コンペ対応費」「コンペ企画書制作費」はコンペ資料提出後すぐ、「プレゼン代行費」「プレゼンスライド作成費」「プレゼン指導費」はプレゼン後すぐ、「コンペ成果報酬」はコンペ結果が分かった時点でご請求いたします。