BLOG

少年の贖罪と禊

先日、どこにも出かけず、誰にも会わない暑い日の夕方、学校から帰ってきた小4息子がおもむろに「ママ、クラスの◯◯くんのママが会いたいって言ってる。今玄関にいる」と。「えぇ?!何?!何をやらかしたのだ息子!!!」と心の中で叫びながら、とんでもない格好をしていたので「ちょっと待ってって伝えて」と息子を使いに出し、慌てて着替える。化粧の時間は無いのでスッピンで出る。

そこには息子よりも明らかに小さな男の子と、日傘を差した優しそうなお母さん。

「いつもお世話になってます◯◯の母です」

「こちらこそお世話になってます◯◯の母です。すみません、お待たせして。しかもスッピンで…」

と笑いを取りつつ心の中では「えぇ…うちの子がこんな小さな子になんかしちゃったのーーー」と大パニック。するとお母さんが…

「あの、この子、うちの◯◯の弟の●●です。1年生です。いつも兄弟でこちらで遊ばせていただいているようで、ありがとうございます」

…あぁ!息子のクラスメイトの弟くん!通りで小さいわけだわ。

「そうなんですね!すみません、私ちゃんと見れてなくて。いつもこの辺りはご近所キッズがワラワラと遊んでいるので」

と私。

「それで先日…」

…わーキタキター!何したのー!うちの息子ー!!

「この子が黙っていちごを食べちゃったって言うんです」

…え?いちご?

「あ、もしかして、この庭に生えてるやつですか?」

「えぇ、なんか、ずっと悪いことしたと思っていたみたいなんですけど、私それを昨日初めて聞いて…」

😭

あぁ、良かった。
うちの子が何かしたのではなかった。
そして、なんと尊いのだ…


我が家のワイルドストロベリーが美味しそうに成っていたのはもう1ヶ月近く前のことだから、その間ずっと罪の意識に苛まれていた少年。そして「やっぱり言おう」と決めてお母さんに言った昨日。可愛すぎる…

😭

「ほら、なんて言うの?」と促されて、「ごめんなさい」と私の目を見る少年。その純粋無垢な眼差し。あぁ、もう、これ以上に尊いものがこの世にあろうか。彼が差し出した小さな袋には、いちごが入っていた。

🍓

「ほんとに気にしなくていいからね。赤いやつ食べた?美味しかった?」と聞くと「うん」と少年。お母さんも「美味しかったみたいです(笑)」と。それは良かった(笑)「また来年食べに来て」と伝えて解散。

🍓

もうね、なんと言うか、私は禊を受けた気分でした。

究極に尊いものに触れて、すさんでいた心が一気に洗われた。そうだわ、最近の私は、大人の嫌な部分・汚い部分に触れて穢れていたんだ。穢れを祓うってこういうことだわ。それでもまだ完全に元気は出ないけれど、こうやってまた新たな人との触れ合いに救われていくんだな、と思いました。 

☺️

謝りに来てくれてありがとう。

お母さんに言えたの本当に偉かったね。

このブログはFacebookで投稿したものの流用です。おバカな話から、お仕事の話、お役立ち情報など、FacebookやTwitterではリアルタイムで発信していますので、ぜひフォローしてください( ´ ▽ ` ) 「クスッと笑えて元気になる投稿」を趣味で、約7年間続けております。Instagramは更新滞ってます。ごめんなさい。苦笑

Written by ソミヤミホ

新潟市を中心に全国の方と繋がり、印刷物やWEBサイトなど販促物の企画編集・ライターの仕事をやっています。東京での広告会社勤務→結婚を機に新潟移住→デザイン事務所勤務→印刷会社勤務→2020年3月独立。新潟初、一般社団法人コトマーケティング協会認定アドバイザー。コト売り視点で隠れた価値をカタチにします!小6長女・小4長男の2児の母。猫もいますฅ/ᐠ。ᆽ。ᐟ \