BLOG

それ、編集入れませんか?(分かりにくいパンフレット・会社案内・ガイドブック・ホームページの改善策)

印刷会社の方、デザイン会社の方、広告代理店の方、お客様から「原稿はこれです」と渡されて困ったことはないですか?もしくは「このパンフレット分かりにくいから、分かりやすく変えて作って欲しい」と言われて、困ったことはないですか?お客様から頂いた原稿は、どう見ても分かりにくい。このまま作ると、何も伝わらない・効果が出ない・分かりにくいものができる。また「分かりやすく変えたい」と言われても、どこをどう変えれば分かりやすくなるのか分からない。デザインの問題ではないのは明らか。「原稿が悪いから」とは口が裂けても言えない。

そんな時はソミヤを思い出してください。

こういうパターンを、昔からずっと見てきました。

原稿を作るお客様も、原稿を受け取った皆さんも、「原稿に手を入れて更に良くしよう」という発想にはなかなかならない。また、その前段階で「原稿を用意してください。原稿が無いと何も作れません」と印刷会社・デザイン会社・広告代理店から言われて困っているお客様もたくさん見てきました。

その度に「それ、私できます」と小さく声を上げてきたのですが、これからはこれを大声に変えようと思います。やっぱり困っている人が多い。私が関わればハッピーになる人がもっと増やせる。…という実感が、ここ最近増したので。

私、ソミヤは「販促物の企画編集者」です。

出版社には、作家と共に書籍を作り上げる編集者がいるのに、パンフレットやホームページなどの販促物には編集者がいません。 書籍と同じく「誰かに何かを伝える」という目的は同じなのに。 しかも原稿を作るのは作家という文章のプロではなく、一般の方が一生懸命考えて作られています。それがそのまま世の中に出て、理想的な形・結果を導くものになるとは思えません。

私は印刷のプロである印刷会社さん・デザインのプロであるデザイン会社さん・広告のプロである広告代理店さんと、「誰かに何かを伝えたい」と思ってらっしゃるお客様との間に入り、目的・ご要望に応じた理想的な形・結果を導くものを一緒に作ることができます。

皆さんの今のお仕事のレベルアップ、ひいてはお客様からの信頼度アップ・業績アップに繋がります。

この「編集」という業務の存在・必要性に気付いていただけたなら、「それ、編集入れませんか?」「編集入れましょう!」と言ってみていただきたいのです。必ず良いことが起こります。起こるようにしてみせます!

費用はこちらの「印刷・デザイン会社の方へ」の「2.編集」をご参照ください。

実績は、業務委託の関係で公表することはできませんが、お打合せ時にその場でお見せすることはできます。お問い合わせいただけましたら、対面もしくはオンラインでのお打合せに応じます。「どのような原稿を受け取り、私がどのように編集をしてお納めし、それがどのような形となって完成したのか」一連の流れを具体的にご説明できます。

お問い合わせは下記よりお気軽に。

Written by ソミヤミホ

新潟市を中心に全国の方と繋がり、印刷物やWEBサイトなど販促物の企画編集・ライターの仕事をやっています。東京での広告会社勤務→結婚を機に新潟移住→デザイン事務所勤務→印刷会社勤務→2020年3月独立。新潟初、一般社団法人コトマーケティング協会認定アドバイザー。コト売り視点で隠れた価値をカタチにします!小6長女・小4長男の2児の母。猫もいますฅ/ᐠ。ᆽ。ᐟ \