BLOG

開発段階から広報・販促視点を入れて作る

昔から「商品開発の段階から一緒にやって欲しい」と言われる事はよくあったのですが、「モノを作ってナンボ」の仕事をしていた(デザイン会社や印刷会社に勤めていた)かつての私は、モノ作りの段階になかなかならない状況からのお仕事は、正直お受けするのが難しい状況にありました。

それが独立後、全く気にしなくて良くなって、つまり印刷物というモノに捉われずに「私ができる事」を売ればいい状況になり、スムーズにお客様のご要望にお応えできるようになりました。

分かってらっしゃる方は、分かっててらっしゃるんです。商品は開発段階から広報・販促的な視点を入れて作らなきゃいけないって。私も開発段階から携わらせてもらえれば「あ、そのネーミングだとシェアされにくいのでこっちにしましょう」とか、「それ、もう少し明るい色にできませんか?映えるように」とかアドバイスできます。これが「商品はこれです。はい、宣伝して。」ってなるのとは、雲泥の差ですよね、いろいろと。

写真は先日帰省した時に見た、近鉄鶴橋駅構内の #焼肉ライク!がっちりマンデーでやってた!ひとり焼肉のお店!テーブルに網が埋め込んであるやつ!テーブルの下から更にテーブルが出てくるやつ!えぇ?!乗り換えのココにあんの?!…とただ電車を乗り換えるために前を通っただけですが、思わず入りたくなりました。…いや、本気で、夫と子を先に奈良に帰らせて、私ひとり入ろうかと思いました。体験してみたかった!新潟にはないもん!(…と思ったらあったわ。2020年3月にオープンしてた1店舗。笑)

このブログはFacebookで投稿したものの流用です。FacebookやTwitterではお仕事に関する情報もリアルタイムで発信していますので、ぜひフォローしてください( ´ ▽ ` )

Written by ソミヤミホ

新潟市を中心に全国の方と繋がり、印刷物やWEBサイトなど販促物の企画編集・ライターの仕事をやっています。東京での広告会社勤務→結婚を機に新潟移住→デザイン事務所勤務→印刷会社勤務→2020年3月独立。新潟初、一般社団法人コトマーケティング協会認定アドバイザー。コト売り視点で隠れた価値をカタチにします!小4長女・小2長男の2児の母。猫もいますฅ/ᐠ。ᆽ。ᐟ \